Home > スポンサー広告 > スケッチブック ~full color's~ Page.13「ひとりぼっちの美術部」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form
管理者にのみ表示を許可する

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://gmt0900.blog64.fc2.com/tb.php/578-bff55dca
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from gmt0900

Home > スポンサー広告 > スケッチブック ~full color's~ Page.13「ひとりぼっちの美術部」

Home > anime > スケッチブック ~full color's~ Page.13「ひとりぼっちの美術部」

スケッチブック ~full color's~ Page.13「ひとりぼっちの美術部」

珍しく残ってる。何も言わずにとりあえず保存してほしい

もしかしたら全部残ってるかも?

毎回が最終回どころか、アバンだけでいきなり~Fin~とかコメントに書かれてきたスケッチブック、名残惜しいですが今回が本当の最終回です。
いざ本当に終わるとなるとコメントが大変なことに…

何回か飛ばしたりしてましたが、軽視してたわけではありませんよ…単にネタがなくて書けなかっただけでw

今回はもう出来る限りのことをやった回でしたね。但しあくまで人間パートでw
EDで新キャラ登場するとか…w

エンドカードは驚きでしたね本当に。すでに決まっていて、同じ会社、同じスタッフだからこそ成せる業でした。DVDに収録されないのは勿体ない…
しかしあの空間は一体どこなんでしょうかね…最低でも時空が歪んでいることになりますがw
その割に画としては全く違和感がないのが凄い…


前回の12話でいつもと違う場所が多かったので、舞台訪問Part3。やっぱりロケハンが徹底してるなと思わされる。

最終回だから総評的なコトをやったほうがいいですよね。

四コマ漫画のアニメ化自体は今年だけでも1月期のひだまりスケッチ、4月期のらきすた、7月期のぽてまよ(空の中の人はぽてまよと同じ)、と何気に結構な数が出ています。
その中でスケッチブックがどういう方向を目指すのかは読めませんでした…原作が萌えどころか性的なモノを一切感じさせない作りで、徹底的に淡々としたギャグが売り。テーマというテーマが一切ない。まずアニメにできるのかどうかとすら…
スタッフがARIAのスタッフという事実に気をとられて「自分の色をつけすぎている」としてしまいがちですが、目指した方向は基本的に原作を大事にしていたと思います。とにかく個性の強いキャラクターが集う美術部という「いつもの場所」。みんなも主人公もズレてて、仲間も自分もそれを受け入れている不思議な構図。つながりとまではいえなくとも、なんとなく混ざり合っている。
元々安定した軸をもたない原作から、「いつもの場所」という安定した軸を見いだしたアニメ版は何気に凄い仕事をしたんじゃないかと思います。一見雰囲気はARIAと似てるようで、やってることは反対だったりする。
続き、というか、また見たい。ですね。そう思わせてくれる作品でした。

来週再来週のこの時間は

癒しアニメの金字塔が、遂にニコニコ時代に舞い降りる。

Comments:0

Comment Form
管理者にのみ表示を許可する

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://gmt0900.blog64.fc2.com/tb.php/578-bff55dca
Listed below are links to weblogs that reference
スケッチブック ~full color's~ Page.13「ひとりぼっちの美術部」 from gmt0900

Home > anime > スケッチブック ~full color's~ Page.13「ひとりぼっちの美術部」

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。