Home > スポンサー広告 > 一色に染まる日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form
管理者にのみ表示を許可する

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://gmt0900.blog64.fc2.com/tb.php/498-da4f5cf6
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from gmt0900

Home > スポンサー広告 > 一色に染まる日

Home > 未分類 > 一色に染まる日

一色に染まる日

waseda

日曜に早稲田大学のオープンキャンパスに行ってきました。
早稲田大学は今年の10月21日で創立125周年。大隈重信が「人間摂生すれば125年生きられる」と言ったせいで、早稲田大学では125という数字をやたらと大事にしているそうです。例えば、誰もが早稲田と言ったら真っ先に思い出すであろう大隈講堂の高さが125尺だったり、学食付近にある生協運営の喫茶店の名前が「Cafe125」だったり。
そんな早稲田大学そのものが125周年を迎えるとなったら、もう大変ですよ・・・125周年記念式典には早稲田が生まれ変わる「第二の建学」と銘打って、早稲田史上最大規模の祝祭をやるらしいです。いいなぁ。

まぁ、噂通りというか、高田馬場って本当に占拠されてるんですねー・・・w
オープンキャンパスのチラシに「早稲田一色に染まる日。」というキャッチコピーが大きく書かれていますが・・・高田馬場の場合はずっと染まってますよw
街のありとあらゆる店全部に125周年の旗がかかってるし・・・

こいつら本当に偏差値70代なのかと思うほど学生のテンションが高すぎる・・・自信があるからこそああなのでしょうが。
普通の人ならこれに憧れるんだろうが・・・正直このテンションにはついて行けないと思ってしまうヘタレな俺・・・orz

パレードをやっているところに運良く出くわすことができまして、携帯のICレコーダ機能で録音してみたのですが、会場が賑やかすぎたせいで、もう何が何だかw
都の西北も録音できたけど、「早稲田」以外の単語は全く聞き取れません
とりあえず、なかったことに・・・。

朝少し遅れて、電車に間に合わせるために朝食を食べず水だけ飲んでいったもんだから・・・当日すごく暑かったせいで、汗をかきすぎて黒いズボンが塩分etcで白くなるわ、帰ってきて(計ってないけど)明らかに体重が軽くなってるわ、大変です・・・。
腹減らしたまま模擬講義聞いてパレード見て、学食に入ったのが3時半ですよ・・・こんな日なのに学食空いてるんですよ。時間が時間だから。
タコライスおいしかったっす。「タコライスとライスのセット」って言った方が適切なくらいライスが多かったですがw


usbide

去年の8月25日、明治大のオープンキャンパスの帰りに徒歩で突入したのが初めてでした・・・秋葉原です。降りてなくても乗り換えだけで視線が怖いあの秋葉原です。総武線で東京行くとかなり高確率で乗り換えなんだけどなぁ。
もちろん今回も純粋な目的で使いましたからね?あくまで電器屋見ただけですからね?そこらへんお間違えなくw
東京行ったら秋葉原で運賃の元を取るんですよ・・・。今日も例の都区内フリーきっぷ@1160円。定期券が効くから前より安い。

写真はドスパラで購入したIDEHDD用のUSBケーブルです。
内蔵HDDを外付けドライブ化できるキットって結構高いんですよね・・・。どうせ普段は置いておくだけなのにケースは邪魔。これならケースが無いので無駄がありません。繋ぎ変える時も簡単だし。
IDEとSATA両対応のケーブルもありましたが、値段が高い、SATAのHDD持ってない、どうせSATAならeSATAで繋ぐほうが圧倒的に効率が良い、等の理由で却下。
1,368円。

Comments:0

Comment Form
管理者にのみ表示を許可する

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://gmt0900.blog64.fc2.com/tb.php/498-da4f5cf6
Listed below are links to weblogs that reference
一色に染まる日 from gmt0900

Home > 未分類 > 一色に染まる日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。