Home > スポンサー広告 > 絶望先生レビュ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form
管理者にのみ表示を許可する

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://gmt0900.blog64.fc2.com/tb.php/373-7a7b6ff4
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from gmt0900

Home > スポンサー広告 > 絶望先生レビュ

Home > 未分類 > 絶望先生レビュ

絶望先生レビュ

さよなら絶望先生 4 (4)
久米田 康治
講談社 (2006/06/16)

書いただろってのは無しですよ・・・あの記事書いた時点で1巻の半分くらいまでしか読んでなかったんで。
マガジンで見たのはまだ1回だけだったし。

で、4巻まで全部読んだし感想。

うん、アニメ化は絶対無理だw
漫画雑誌って全然圧力かけられてないんだねぇと実感いたしましたw

いや、アニメ化無理って言ってもエロは皆無です。その代わり世相をマジで皮肉りすぎ。「後ろの字幕はセリフと関係ありません」って言う意味あるのか・・・w

マガジンで見た回は「この一間 どうして片してよいものか(第33話)」で、4巻に収録されてましたが、単行本ならではのネタが追加されてるのが良かった。何度も見返してしまった。
あと、4巻の起訴のページを見ると絵では書けないアレの内容がわかりますが・・・いいのか?w

他にも第一巻からある「前巻までのあらすじ」とか、和紙やら影絵やら無意味にこだわってるレトロテイストとか・・・

そろそろ一言でまとめるか。

ひきつった笑いで読める作品。

Comments:0

Comment Form
管理者にのみ表示を許可する

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://gmt0900.blog64.fc2.com/tb.php/373-7a7b6ff4
Listed below are links to weblogs that reference
絶望先生レビュ from gmt0900

Home > 未分類 > 絶望先生レビュ

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。