Home > 2007年10月

2007年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

バンブーブレード 第5話「室江高と町戸高」 rev4

リビジョン表記導入してみた。書き直すたびに最後の数字が増えて行きます。
正直言うとWaqさんはrev表記使ったほうがいいと思う…w



ついに絶望先生Webラジオ(最新回32:40~)でネタにされたようです…どれを出すかをわざわざ後出しで決めるラジオスタッフ、余念がない…
確か単行本第九集の紙ブログのマネだな…久米田氏でも後出しは時間的に実現不可能だってw

ちなみに↑の動画、タイトルの通り本当に音なし絵なしです。
実は最近、伏字として編集された音声部分がニコ厨によって復元&うpされたことが原因で、絶望先生ラジオは全部まとめて削除を食らってしまいました…というわけで、削除されない著作権完全フリーを目指しうpされたのがコレというわけ。ひねくれ者の絶望信者、タダでは転ばない…
説明を読んで同時再生することによって、今までと全く同じように楽しめますw
ちなみにこの手法は、「削除が始まると検索結果がゼロになるまで消される」とまで言われたゼロの使い魔で初出の技だったそうですが…実はその音なし絵なし動画すらも削除されてしまったとか…


↑サムネイルにゴムゴムたまちゃんが映ってますが、ここの絵、実は先週出た次回予告の絵から書き換えられてるんですよ…見比べてみよう。スタッフお疲れ。今回全体的に絵がかなりきれいだった。

グリーン結局いないんですかw
たまちゃんが順調に小動物ポジションになっていってるな…

キリノが字を間違えるところで人生コナタを思い出したのは俺だけではないはず。性格は一切似てないのに彷彿とさせるものがあるって何かすごく気になる…
あんらっきー☆ちゃんねるの話を書いた時にらきすたドラマCD版のキャストにちょっとだけ触れましたが、そういえばたまちゃんの中の人の広橋涼はドラマCDではこなた役だったんですよね…京アニでその次のCLANNADにはヒロインで出てるのになんでわざわざ変えたんだろう…。
そのままのキャストでやってくれれば、アニメ大好きたまちゃんが見事にこなたの生まれ変わりになったというのにw惜しいことを…

背景にも細かくネタを仕込んでるな…ミヤミヤとか…
銀行名吹いたw

さて、相手校のメンバーもかなりキャラ濃いなー…普通にもう一本作品書けちゃうだろ…今回は主にあいつらのせいで笑いっぱなしだったんだがw
敵キャラだからこそ実現できるダメ人間オンパレード…いきなり5人出して全員キャラ立ってるって何気にかなり凄いよな…w

Continue reading

長さと短さの限界

(音量かなり注意)

そういえばひだまりの感想を書いたのに、何でこれを載せてなかったんだ…自分に呆れたw

結構有名なMADですね。静止画MADはもっと評価されていい…と思うけど、見てもらうにはやっぱり元の知名度が必要で、そうするとアニメ化された作品に限られ、ならアニメ絵使えばいいじゃんということになってしまう…
ニコニコって見る側の意見が伝わりすぎるのが玉に瑕だな…マイナーな良作を吸い上げる装置ってないもんですかね…orz

このMADが作られたのはひだまりスケッチがアニメ化された後のはずですが、かなり早い段階で制作されたMADらしく、確認できる中で一番新しいアニメ版ソースは第3話(吉野屋ダンス)。ほとんど原作絵がソース。
8人のMAD職人が集まり分担して制作。(BGMのサビが終わると名前が出てくるがその画面までもカッコイイ)
再生時間2分…本当に贅沢な2分間。めちゃくちゃ動きます。
分割制作なので場面のつながりはあまりないんですが、元々原作4コマだし日常系だから、影響なし。

BGMはiM@SのMADで大反響を起こしたPerfumeと同じ、中田ヤスタカ氏のプロデュースによるユニット、capsuleの"Super Scooter Happy"。capsuleはアルバム毎に雰囲気が全然違うので、TSUTAYAで見かけたら何枚か借りてみてください。どれも違う意味でセンス良いですよ。
俺のお気に入りアルバムは「Sugarless GiRL」です。ドラマ「ライアーゲーム」の主題歌とか挿入歌とか入ってるやつ。

ミクを仲間入りさせたバージョンを作った人がいました。こっちも完成度高すぎ。

…いくら神MADとはいえ、2分のクリップでこの長さの文を書いてしまうか…俺自重したほうがいいなぁ…


シャフトつながりでもう一本行ってみよう。とはいってもこれMADじゃなくて本家だけどw
先に2話EDで流れたバージョンばかりうpされてて、OP版を持ってくるのに苦労した…

efは原作のムービーを担当したのが、「ほしのこえ」「雲の向こう、約束の場所」「秒速5センチメートル」など、一人でアニメ作品を制作して世界を驚かせた、あの新海誠ということで…越えるべき壁が無茶苦茶高いゆえに、シャフトがどう出るのか見物でした。
案外いつも通りの方向性で来ましたね。というかいつもがあまりにも才能の無駄遣い過ぎるからこれでやっとちょうどいいんだ…

日本語吹き替え版。更に日本語でiM@S版
作品自体に人気がないのが悔やまれる…

2週間くらい前に情報が出ましたが、絶望先生2期決定らしいですね。やっぱり分割2クールだったか…
もう一度ぶっとんだOPでニコニコを沸かせてくれることを期待してます…

直撃?

前に書いたかどうか覚えてませんが、俺は携帯版ウェザーニューズのサイトに月額105円の有料登録をしていて、割と便利に使ってます。
気象情報が本気で必要になる時って大抵屋外だし。いざというとき詳細な情報に一発でたどり着けるって助かりますよ。

で。
台風20号が千葉に来ました。
まぁどこの天気予報も同じことを言ってたとは思うんですが…さすがのウェザーニューズも「上陸は絶対無い、ただし前線と台風の合わせ技で雨は注意」と。
正直、台風の進路見てるとなんか微妙に来そうな感じがしてたので警戒はしてたんですが、本当にくるとは…。

実は、いつもの予備校の英語講師が、「土曜日に学習院大学のオープンキャンパスで入試解説を担当することになってるから、興味ある人はどうぞ」と言っていたので、俺は行く気満々だったんですが…
台風が来るとなると行きは平気でも帰りがモロにやばそうでしたから…とうとう行くの諦めました。

まぁ、学習院は願書タダで郵送してくれる素晴らしいとこだからいいか…でも解説聞きたかったなぁ…
ってか、客少なかったんだろうな…先生かわいそ…もし講義資料余ってたら配ってくれないかなぁ…

実際行ってたとしたら帰り頃はマジで電車止まってたようですがw

Myself;Yourself 第1話から第4話まで一気に

どっかのプロデューサーがニコニコ叩いてニコ厨に逆ギレされてるらしいですが。
まぁ、今日は案ずるより産むが易し的なスタンスで前書きをやりたいと思います。かなり長いですがあえて続きを読むには回しません。


今期に入ってからのフォーマットを見てもらえばわかるとおり、毎回本編動画のリンクを張っています。
それから、前期の絶望先生の感想、そして当然今期も、感想ではあるものの極力ネタバレを回避して書くようにしています。
一般的にブログで感想記事というと「どこで笑った」ということを直接書いたほうがよかったと思うんです。どうせ読者は見れないし。
ただ、今はニコニコがありますんで、「これから見てもらう」ことを前提にした書き方ができる。だから直接わかるネタバレを避け、見た人ならどこを指しているのかギリギリでわかるレベルを目指して書いています。新聞のラテ欄みたいな感覚ですね。一応俺は「面白かったかどうか」が書ければ問題ないと考えているので。で、見ようと思った人には本編を最大限に楽しんでもらいたい。


地方の人に言ったら殴られそうですが、深夜アニメって録画するの難しいんですよね。時間がいつ変更になるか入念に調べなければすぐ録画失敗するし。
軽視されてる割に数がやたらと多いし。(確か今期千葉では全部で20本くらいやってるらしい、ここまでくると時間帯ダブりが頻繁に出る)だから前もってアタリをつけて予約するしかない。
つまり、前評判がなければ最初から勝負にならない。埋もれるしかない…はずだった。

今期はいくつかの作品がいい意味で期待を裏切ってくれました。全然アタリをつけていなかったのに、見てみたら結構面白かった、という例がいくつかあるようなんです。
ニコニコは動画上でコメントをつけるという機能の副産物として、ソーシャルブックマークのように人気を数値化することができます。まぁそれも、前評判があるものは数段有利なのは確かですが…少なくとも、面白いものはのし上がってこれる。
今期の最たる例がバンブレでしょう。前評判ゼロの状態からあんこ入りでのし上がり、週間ニコニコランキングでは本編動画で今のところ最強ですから。

面白いという評判を聞いても途中からしか見れなかった今までとは違い、一気に過去話を見て違和感なくついていける。
削除しないことでそんなメリットも生まれるんです。どうでしょう、そこらへん?


というわけで、前書きのメガマックを経由してようやく本題に入りますよ。根気良く上を読んでからここを読んでいるあなた、なんていい人なんだ。

正直、前書き・下の文章は矛盾が生じていますよね…バンブレは放送日からすでに勢いがあった。
本当に下克上してきたのは、こいつです。

バンブレは大体週間で再生とコメントが両方125,000くらいだったはず。さて、この作品は…
再生とコメントを足したら同じくらいかもしれない。しかし、第3話と第4話のコメント率200%超えって…どんなバケモノだよ…
週刊ニコニコランキングでは先週#23掲載の第2話が37位、今週#24掲載の第3話が18位(本編部門2位)…バンブレ抜かして本編トップも十分ありえる…

いけない、数字ばっかりしゃべってると京アニ厨になってしまうからそろそろ内容の話をしないとw

※注意:この作品はUHFアニメです。少なくともパンチラは覚悟しての視聴をお願いします。

原作はPS2でリリース予定のギャルゲー。PS2だとCERO審査のレートが出せるはずですが、まだ予定なのでレート判定が出ていませんw
とはいえそこはコンシューマ向け、恋愛ゲームというとSchool Daysのトラウマが出てしまう人がいるかもしれませんが心配御無用。
鬱展開伏線をちゃっかり張りつつも、微妙に古臭くてベタなコメディーと個性豊かなキャラクター、幼馴染を軸とした明るく優しいストーリーで爽やかに魅せてくれる作品です。

この作品、ニコニコで第2話以降から先に見ると、おかしなことに気づくはずです…いくらコンシューマ向けとはいえこれはギャルゲー原作。つまり、前半はほぼ間違いなくハーレム展開。「誠氏ね」ではなくとも、何か文句をつけたくなるはず。
なのに、コメントがあらゆる局面で異常なまでに主人公を応援してる…?

第1話動画に貼られた「11:30兄弟生誕」のタグ…そう、この[第1話の11:30]が、いつ「誠氏ね」と打ち込んでやろうかと目をギラギラさせていたニコ厨達の態度を一気に変える鍵になります。

声優陣もヤバイ。みんなヤバイが、一番ヤバイのはやはり、金田朋子のカオス極まりない演技…あのカオスに勝てるカオス度は誰かいるんだろうか…

だが、一番ヤバイのは、予告。
第1話はてっきり普通の予告かなぁと思っていた…しかし、第2話で俺の脳内を見透かされ、第3話で何か微妙にパロディーが出始め、第4話でもうものすごいパロディーが…
えーと、第4話のやつは田村ゆかりが大活躍と書けば伝わりますかね?とりあえず興味ない人も予告だけ見て、お願い。

バンブレもそうだが、予告が面白いのはスタッフが面白い証拠だよなぁとつくづく実感。

バンブーブレード 第4話「ピンクとブルー」

※記事のクオリティに自分で不満を感じてしまったので朝電車の中から非公開にしましたよ…やっぱりちゃんと気合入れて書かないと駄目。
申し訳程度に加筆。

色とキャラの対応がわからなくなったらOP最初のひまわりの中身を見ましょう…ミヤミヤの色は何かコメントしづらいw

忙しくて乗り遅れてる人に朗報

バンブレなんという存在感w

ところで、みんなたまちゃんたまちゃん言ってるけどキリノはどうよ?
作画が崩れるほど可愛くなるって何気にすごくないか?



なんか剣道やりだすと唐突に見えるな…スポ根モノじゃなくて、あくまで「部活モノ」ですね。

レッツゴーネタバレ。

Continue reading

permission

少し気になるところがあったので、一時的にバンブー4話の記事を非表示にしました

さっき音楽聞こうとしてHDDプレーヤーの電源入れたら、1個だけ開けないファイルがあったんですが、これは一体どうなってるんでしょう…?
好きな曲だから帰って入れ直すか…

スケッチブック ~full color's~ 第3話「青の心配」

関係ないんですが超神テンプレを発見してしまったので、適当にカスタマイズを施して適用。まだ途中。このテンプレの名前はbazoocaといいます。
詳しい情報はfc2.VICUNA.jpか、fc2.Vicunaにて。

どんな風に神かって、記事のタイトルをクリックしてもらえると、その凄さがわかると思います…


福岡県太宰府高校美術科が取材協力、舞台は福岡、バッチリ博多弁のキャラがいるのに、福岡では放送されてないこの作品。いいのかw
ニコニコではアバン、OP、Bパートが終わるたびに「いい最終回だった」というのがネタになってるようです。放送第4回の次回は「第10期から」らしいw
そういえば第2回で正式OP発表されたんですね…本当にARIA方式で行くと思ってたわ。

その第2回感想をサボっちゃいましたが、今回は神回。だと思う。

夏の一日に自然に引き込まれていく感覚。
この物語の主人公は喋らないことが特徴ですが、もしかしたらそれは視聴者視点と主人公視点がシンクロする鍵になってるのかもしれない。

ネギのくだりは笑った。真剣に妄想するなw

浴衣似合い過ぎの主人公。綿流しがデジャブしてる根岸君。祭りの場面はどれも良シーンですが、花火のCGの質がすごい。どこがやってるんだか気になってスタッフロール見たけどわかんなかった。とにかくそれぐらいすごいから花火だけでも是非どうぞ。

バンブーブレード 第3話「ブラックとブルー」

関係ないけど乱雑になっていたメニューとかを整理。まだ途中。



いよいよあんこ入り(ryです。ドだめ自重w
さすがにこれはドだめ神でもカバーしきれないよ…いくらなんでも原曲が単調すぎるよorz
次にくるのはみなみけのOPかCLANNADのOPか、もし知ってたらefの2話で出たEDか…と踏んでいたんですが…
このままだと次は超剣戦隊ブレイドブレイバーが出てきてもおかしくない…

ちょっとネタバレ含みます。

原作を買いましたが、今回前半でもう1巻のネタ全部終了です。気になっていた人、買ったけどネタバレ警戒していた人はどうぞ。
今回はトロフィーのくだりについて無意味な変更あり。あとはミヤミヤのくだりが…倫理上(ry

真のミヤミヤが覚醒…でもダン君LOVEなのは本当にガチらしい。謎は深まるばかり…
ミヤミヤが自重しなさすぎのせいで新キャラのサヤが全然目立ってませんが、次回ちゃんと出番あるといいですね…
次回のタイトルは「ピンクとブルー」つまりきれいなミヤミヤとサヤのターン、のはず。

ってか、そう、予告w
毎回クオリティが上がっていくんですが、誰かスタッフを止めてくれw

第一話。キリノが正統派な予告。面白いしこの路線で普通に行くのかなと思ったら

たまちゃん…じゃなくてデスアーマー様がw
しかもかなりいいヤツ…あれですよね、愛され系の悪役ですよね

いきなり出た属性をいきなり反映。ダブルミヤミヤでもう何がなんだかw

今見るとキリノ以外全然予告になってないしw
肝心のキリノも「刀でブレード」それ違うから…刀じゃなくてだから…まぁいいんだけどさw
細かいこと言ってるとアニメは見れませんよ…制作費厳しいんだから…

ひだまりスケッチ 特別編「8月11日 そして元の位置に戻す」+「11月27日 そこに愛はあるのか?」

※ニコニコでTV版が再うpされたようです。見たい人はnicoplayerなども使ってこの機会に全部まとめて確保しましょう。


さーて、今週サボりすぎでどれから行こうか迷ってたんですが、というかひだまりは見ても書かない予定だったんですが、
LPが400になったときの遊戯のドローよりも的確な神パスを偶然にもWaq氏から受けてしまったので、もうこれを書かないわけにはいかないw

とりあえずコレがいったい何なのかの説明から始めるか…Waqブログのコメントでも書いたとおり、俺がシャフト新房信者になってしまったのはこの作品が原因です。
ぱにぽにや絶望先生を作った恐怖のネタ軍団が作ったアニメ…と思うと誤解されがちですが、この作品、黒板ネタの挿入はありません。それどころか、ARIAの次とまでも言われる、まさかの癒し系アニメです。それでいて笑いのセンスも冴えている…バランスの取れた作品ですよ。
原作は4コマ漫画。どうしても散漫になりがちなこの形態に、アニメ版は徹底した「時間軸」を用いて挑みます。
主人公が朝起きて始まり、夜寝て終わる。日常系、と名乗るならフォーマットまるごと日常化してしまう。映像には時計表示も頻繁に差し込まれます。安定した進み方で、視聴者は安心して毎回楽しむことができるんです。

いつも原作者との協調が凄いこのチームですが、この作品では原作者の蒼樹うめ氏を声優に起用。作者自画像として使ってきたマスコットの姿を借り「うめ先生」として毎回出演。更に、キャラソンも出しちゃった。

他にも書きたいことはあるんですが、能書きを垂れまくってもきりがないんで、そろそろ感想いきましょう。ただ、ネタバレしない程度に…

第一話第二話共通で、TV版より動きがすごく細かい…そして激しいw
会話のテンポもTV版よりハイテンポですね…初めて見るひとはこれぐらいがちょうどいいかな。
あと、吉野屋先生の壊れっぷりがいつもにまして凄すぎる…

今回は監督がいつもの新房氏ではなく、飯村正之氏です。絵コンテとか頻繁にやってたような気がする…とにかくTV版と比較して、悪い意味での違和感は一切ありません。安心してお楽しみください。

第一話。こちらは夏頃のTBSのイベントで先行上映されたとのこと。8月11日はそのイベントと同日だとか。
アバンからいきなり高山カツヒコ氏の芸を使うとは…自重しなさすぎw
校長のスーパーアクションは腹筋崩壊確実ですね…

TVにベホイミと絶望先生が…

第二話。完全オリジナルストーリー。
今度は沙英さんが自重しない。
視聴者が疑問に思っていたあの2人の仲にいよいよ真正面から挑みます…オリジナルなのに根幹に近い…それでも大丈夫なのがシャフトの原作理解度。ニヤニヤが止まりませんw
…そしてうめ先生が人間の姿に…?

ショットガン・キス

いいぞ 頑張れ ドラゴンズ
萌えードラゴンズー

↑いや、本当にそう言ってるように聞こえるから。マジで。歌詞調べると燃えーょとは言っているらしいけど

というわけで、中日が勝ったみたいっすね。何でいきなり出してきたのかって、中日が勝つとジャスコでバーゲンやるってだけの話ですよ。なぜ中日なのかはよく知りませんが…。
あと今日中日が勝てば明日最大2.5時間の延長がなくなるから録画がラクだし(全阪神ファンを敵に回すか…)

そういえば火曜日に誰も家にいないので夕飯の買出しにジャスコ行って、惣菜(ハンバーグ/60円)を買ったのにスパゲッティを買ってきました。
もちろんスパ王じゃなくてただの茹でるスパゲッティです。他が軒並み450g/150円程度の中、一際目を引く1Kg(10人前)/200円。メーカーは知らないところでしたが原産国がイタリアなので問題はないでしょう、ということで購入。地味に重い。
まぁ…わざわざパスタのコーナー見てたからといって別にあんこ入り☆パスタライス(喫茶マウンテン謹製)を作ろうとしていたわけではありませんよ…脳内でリピートしてましたが(爆)
余計なことは考えずきのこ入り★パスタソース(2-3人前/98円)を購入していそいそと出るも、時刻表を見たら次の直通快速まで20分。本屋を高速で物色し、フリーペーパーだけ購入して退散。

まぁとにかく、食料品はジャスコだから中日頼んだよってことで。

バンブーブレード 第2話「ブレードブレイバーとお弁当」

原作第1巻買ってきました。まだ読んでません。
…書店で1巻だけ明らかに恐ろしい勢いで減ってましたがw
Amazonでも4-5日になってるし…こいつはアニメ化大成功だな…



ピアノなのにベースがすごいと前回書いたドだめ神、ここでは二度目の登場です。秋作品一番乗りにコレを持ってきましたか…。
こうして聞いてみると、OPかなり良い曲じゃないですか…曲はw
本家も低音もう少し出すようにするだけで大分印象変わると思うんだけどなぁ。なんか歌とエディットで大損してるよなぁw

さ、本筋本筋。



初回よりギャグがさらに濃くなってますよ…冒頭から間違った意味でクオリティが高すぎる。
と思ってたのに一番スゴいのは次回予告でした…やっぱり予告になってないしw

更衣室の剣道着持ってるキリノの仕草とか、ジュース飲むユージ君の仕草とか、細かいところに入ってる表現が好感+です。
たまちゃんのモノローグの入れ方は秀逸。

そして今回もバッチリRECポイント仕込んでるスタッフ…恐ろしい子…

少なくとも先週の感想を書いた時点では、「良作だけどあくまでマイナーで終わる」と踏んでいたんですが…世の中わからないもんですねぇ…第一話の動画がニコでとうとう一週間ランキング生存したそうですよ。
今期はエロゲだのギャルゲだのラノベだの変態漫画だの、間口の狭すぎる作品がやたら多すぎです…そんな中で、名前にヤングとつく青年誌連載なのに、帯にわざわざ「超健全」と書かれてしまうこの作品…逆に言えばすごく時期がよかったんだなぁ。
当たり障りがなさすぎて目立つ、いわば絶望先生のクラスの普通ちゃんみたいなこの作品…どこへ行くんでしょうか。

フィルター

書くか少し迷いましたが…ネタが地味にたまっているので、ここは敢えてスッキリ感想を書けるように先行しておきますか…。

カジ速:【瀬戸】アニメ製作会社AICがWinnyを使用しアニメの予算表等を流出【バンブーブレード】
【2ch】ニュー速クオリティ:アニメ製作会社の内部資料が流出

前評ゼロだったのに、第一話放送で大分高い評価を得ている今期の期待株、バンブーブレードの製作元AIC ASTAからいきなりの不祥事…と思いきや…

流出した中身が問題。たまたま含まれていた予算表に載っている額が想像を絶する低さだったために、速民が叩くどころか一斉に擁護に回るという異常事態。
俺はずっと前に読売新聞で「アニメの一話分の制作費は平均1000万」(確かアトムのリメイクを特集したテレビ欄)と、「原画一枚約170円」(多分経済面だった)という数字を見たことがあったので数字自体には驚きませんでしたが、スタッフさんの給料が実際手取りでいくらぐらいとかなんてパッと見わかるわけがありませんからね…速民の解説を読んで改めて驚愕。

流出したスケジュール表で初めて知ったというのもなんだかなぁと思うんですが、バンブーブレードよりによって2クールやるらしいですよ…後半に製作の乱れが影響しないか心配。

SEOでもない何か

今日また模試があったんで外出したんですが、総武線各駅停車の車両外側に某狂+鉤作品の広告がびっしり張ってありました…
あんまり一般人びびらすなっての。深夜1:25~の文字がやたら目立ちすぎてるよ(そこが重要なのはわかるけど)
まぁ、総武線の各駅停車というと、ある所に停車しますが…そういえば快速では停まらないな。

おっと、釣られて名前を出したら負けですからね…奴らの思うとおりにはさせんぞw

シャフトつながり(ただし新房アニメではなく、大沼心初監督作品)でefを見ましたが…映像が綺麗で見ていられたのが幸いでした…ストーリーについていけないというか、メンヘルワールド?
声が原作通りなのはかなりきついですね…

ネタバレ:永夜抄、メールの件名、良船

前にテレビの特集コーナーか何かで東大医学部のできちゃった婚野郎が「安くエネルギーを補給するならメロンパン」と言ってたので昼に実行してみたら…本当にモロ腹一杯になったw

綱渡し

え?たまにはリアルネタやれ?

4時間目の世界史がノロノロやってたせいで延長。
電車を3本逃します。

乗り換えた先でたまたま中学までの腐れ縁に遭遇。
「バイト先に検便出さなきゃいけないんだけど、周りの店とか見に来ない?」
そのショッピングモールには行ったことがなかったので、案内も兼ねてついていくことに決定。

提出するモノを現地調達するという腐れ縁。
「なぁ、お前の貸してくれない?」断る。
ちなみに提出時刻の6時を過ぎると4桁ほどの罰金がつくらしい。焦った腐れ縁、バイト先のモールまでは無料シャトルバスが出ているのにタクシーで直行。見事にセーフ。相変わらずうらやましい判断力。

ジュースを奢ってもらったり、シフトの表を代行で書いたりしながら、適当に中を見て回った。ホームセンターでたまたま今日切れてしまったルーズリーフを購入。
ゲームコーナーでなんとなく卓球のゲームで謎のハッスル。部活では俺のほうが断然弱かったのになぜかスコアが上。
続いてなんとなくタイムクライシス4@2人プレイで不審なくらいエキサイト。なぜかこれも俺のほうがスコアが5倍くらい高い。

腐れ縁のほうも普段飽きるほど見て回っているというのでやることがない。帰ることに決定。

駅まで行くと、今度は中学の時の同級生に遭遇。最後に見たときよりヒゲが伸びているだけの見事な正常進化。
(ちなみに彼は高専に通っているのだ。あと一年半で社会人…)
NEWDAYSで買ったpinoをみんなで回す。このときのメンバー、高専軍団3人+腐れ縁+俺。pinoは6個入りなので俺が2個頂く。

地味に運を乱射してるなぁ…。

帰りはバイクとチャリで蛇行運転しながらダラダラ帰宅。
いつもより2時間遅くなった。テヘ。

バンブーブレード 第1話「竹ぼうきと正義の味方」

タイトルを見たとき「録画予約しなければ」とすぐ思い立った。ストーリーも絵柄も見ずにそう決めた。
そりゃぁ…剣道ですから。

というわけで、今日から秋番組が始まります。一番乗りはこちら。

期待…というか、予測のしようがなかったな…強いて言うなら音響監督がZOMBIE-LOANと同じだけど、それだけじゃ全くわからない…

録画を見た。面白い。ニコニコで見た。さらに面白いw(コメント率99%で安定中ってすごくね?)
まだ要のバトルシーンが出てないから評価を下すには早すぎるが…とにかく今は視聴続行決定。
この漫画、原作者は硬派路線で、この作品だけネームを書いて作画を別の人に担当してもらってるそうです。原作者の方はコマ割りとかの漫画技がかなり上手な人らしいので早速原作を見たくなってきた。
というか、タイトルロゴからしてアニメのほうは絵柄が若干媚び過ぎ…?でも粗を出さないにはこのほうがいいのかも下のニコニコ市場見て、あまりの違いに吹きましたよ…

メモ
・たまちゃんが完全にARIAのアリス
(たまちゃん役の広橋涼は今期大活躍なのでチェックすべし)
・銀魂組は新八は似てるが桂は見る影もない
・OPEDだけは下手w
・EDの一分前にRECを乱発させるヒロインは策士

面白かったんで、時間偽装を使ってこっちをスケブより上に表示させてますw

スケッチブック ~full color's~ Page.1「スケッチブックの少女」

早くも今期2本目行きます。これがひぐらし解の裏番組だ。

あのエニックスお家騒動から、早五年…エニックスの編集部の手によって主要作家陣を引き抜いて設立されたマッグガーデンはなぜか凋落の一途を辿り、骨抜きにされたエニックスはというと、空席になったところに「鋼の錬金術師」の大ヒットがきて一気に盛り返し、今はもはや完全復活。

そんなマッグガーデンの、最後にして最大の砦…ARIA。2005年10月からのアニメ化で一気にヒットし、2006年4月から2クール分さらにアニメ化、OVA、そして3期決定。…だってARIAしか売れるものがないし。

と一般的には言われるが…実はあと一つだけ、面白い物が残っていた。
設立からページ順の一番最後でずっとマッグガーデンを支え続けてきた4コマ漫画…小箱とたん「スケッチブック」。
本当に最後の砦だから、絶対にいい作品にしてもらわないと困る…そうしてマッグガーデンが選んだのは、アニメ版ARIA製作チームだった。



…前置きが長くなりましたが、まぁ、そういうわけで、ARIAファンとしては当然期待してましたよ。

期待通りでした。うむ。
音楽良し。構成良し。スタッフのカラーの中に4コマのネタを自然に投げ込んでいる…と思いきや、オリジナルのネタの調和もなかなか。
何も考えずにゆったり見れる作品ですね。寝る前にいかがでしょう。
本編を進行させながらOP、音声フェードインでED。まさにARIAだ。

ちなみにチバではひぐらし1期とARIA2期でも時間がモロにかぶっていました…このスタッフは何かの因縁でもあるんでしょうか…。

事実は(ry

えーと…F1大渋滞と、白濁弁当ルネッサンスと、力士集団リンチでしたっけ?
痛いニュースがネタ切れする隙が全然ありませんね…どうなってるんだ日本…

ひぐらし、今更テレ玉が降りたせいで、ついに最速局がチバになってしまったらしいんですが、マジですか?
10月から月曜深夜はUじゃなくてテレ東見たいんですが…思いっきり時間ダブってますよ…

Home > 2007年10月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。